にしさんそうブログ

入れ歯安定剤を使用する理由

2018年9月19日 (水)

カテゴリー : 

門真市や守口市の歯医者は、

入れ歯安定剤の使用をあまり推奨していません。

 

それは入れ歯安定剤を使用する理由が多く、

外れやすい入れ歯を安定させることにあるからです。

接着剤のように、入れ歯に塗って歯にぴったりと馴染ませ、

力を入れて噛めるようにとするのが入れ歯安定剤の効果であるので、

使用用途としてそれが間違っているということはありません。

 

門真市や守口市の歯医者はその理由そのものではなく、

入れ歯が外れやすい状態にある事実に、警鐘を鳴らします。

門真市や守口市の歯医者が語る、正しい入れ歯の状態というのは、

口の中にしっかりと入れ歯が固定された状態のことです。

 

そもそもにおいて入れ歯は、個人個人の歯に合うようにして

製作するものであるので、入れ歯安定剤をつけなくても

ぴったりと合わなければならないと、歯科医師は解説します。

入れ歯安定剤を使用する理由が生じた時には、

入れ歯安定剤だけで問題を解決しようとするのではなく、

歯科に来院して根本的な治療を目指すのが正しい行動となります。

 

入れ歯安定剤は一時しのぎに使用するにとどめて、

できる限り歯科での治療を現状を打破する手段

としていかなくてはなりません。

 

入れ歯安定剤を使い続けていると、歯茎が安定剤によって痩せて細って、

さらに入れ歯の合わない状態が進んでしまう可能性もあります。

入れ歯が少しだけ合わなくなったという段階で治療を受けておいた方が、

治療もスムーズに進みますので、安定剤を使用するならそれに

並行して歯科への来院も意識してみましょう。

アクセス・診療スケジュール Access / Schedule

医療法人靖正会 にしさんそう歯科 ナカムラクリニック
〒 571-0057 大阪府門真市元町27-3
TEL 0120-74-5454

※土曜祝日は8:30〜14:00の診療となります。
休診日:日曜日
尚、最終受付時間は診療時間の1時間前になります。

アクセス