インプラント IMPLANT

抜歯即時埋入

抜歯と同時にインプラント埋入する治療法です

当初は虫歯や歯周病で抜歯が必要と判断された場合においてインプラント治療は、抜歯後、骨の治癒を十分に待ってからインプラントを埋入するのが一般的でした。その場合、2回の手術を行わなければならず治療も長期間に及ぶため、その期間、噛めない、見た目が悪い等患者様に大きな負担がありましたが、我慢してもらっていた状態でした。

このような患者様の負担を軽減するインプラント治療法が「抜歯即時埋入インプラント」です。抜歯即時埋入インプラントとは、 抜歯をしたその日にインプラントを埋入する治療方法で、患者様の体の負担を大幅に軽減できます。高い技術力を要するため、治療できる歯科医院も限られています。


抜歯即時埋入の利点

  • 歯を抜いた日にインプラントを埋入するため、顎の骨を削る量が少なくて済むので、痛みが少なく腫れも少なくできる。
  • 抜歯とインプラント埋入の2回の手術が1回で済む。治療の期間が短縮できる。目安としては、4か月を0にするイメージ。
  • 歯茎の切開等を行わず、最小限の手術侵襲で行うので、傷口の回復が早い。


抜歯即時埋入の欠点

この方法は通常のインプラント手術と比べて非常に繊細で高度な技術を要します。インプラントの種類の選択、手術器具、埋入方向・深度等、手術前の詳細な計画とともに、的確に手術を施行する高度な技術が必要です。したがって、抜歯即時埋入インプラントは、すべての患者さまに対応できるわけではなく、経験のある歯科医師が適切に評価をしなければなりません。

下記の最低限の条件を満たす場合にのみ適用できます
  • 十分な骨の高さ、厚みがある
  • 周囲の歯が重度の歯周病に冒されていない
  • 大きな感染を起こしていない
  • 歯列不正やかみ合わせに大きな問題がない

よって経験のあるDrが患者様の状態を適切に評価することが最も大切です。

当院では抜歯即時埋入ができる患者様では、なるべくその方法をおすすめして患者様の負担を少しでも少なくするように心がけています

1dayインプラント

従来のインプラント治療と違って、抜歯後に3か月待って、インプラント埋入後3か月待って仮歯が入るということではなくて、抜歯同日にインプラント埋入を行い、仮歯まで入るインプラント治療です。

症例①

左下4番目を抜歯して、その日にインプラント埋入し、スクリューとめの仮歯をセットしたところです(矢印)右は同日のレントゲン写真です。

手術から3か月後、最終のスクリューリテインジルコニアレイヤリングセラミクスセットした写真です。


症例②

上顎右側1番抜歯と同時にインプラント埋入し、仮歯をセットしたところです。右は同日のレントゲン写真。

手術から3か月半後、最終のスクリューリテインジルコニアレイヤリングセラミクスセットした写真です。


症例③

右上1番インプラントです。抜歯後即日にインプラント埋入した。

3か月半後に、スクリューリテインジルコニアレイヤリングセラミクスをセットしました。


症例④

右下6番抜歯と同時にインプラント埋入を行い、同日に仮歯をセット。

2か月半後スクリューリテインジルコニアをセット。

インプラントってどんな治療法?

インプラント治療とは、顎の骨に人工の歯根(チタン製)を埋め込み、そこにセラミック歯など修復した歯を装着する治療です。これにより、自然な歯とほぼ同等の咀嚼運動(噛砕き、飲込む運動)や審美性を回復することができます。

ブリッジや入れ歯と違い、他の残っている歯に依存せず、自然な歯と同じように単体で歯を保つ事ができるため、最も自然な歯に近い治療法と言えます。

インプラント・ブリッジ・義歯の違い

インプラントによる治療法は、虫歯や歯周病または外傷などにより歯がなくなってしまった場合に、従来の入れ歯やブリッジの治療法とは違い、天然の歯と同じように強くて美しい歯を取り戻す治療法です。インプラントは従来の治療法に比べて、健康な歯を削ることがないため、他の歯に負担をかけることなく、見た目の美しさと噛む機能を回復する最良の治療法といえます。

技術革新とともに安全確実なスタンダード治療法が確立され、歯の欠損部への最も優れた治療法として、現在では全世界で治療が行われています。インプラント治療費は、自由診療であり高額ですが、審美的・機能的に優れた治療であり、 長い目で見たときに費用対効果が最も高い治療といえます。

ブリッジの治療法
メリット
  • 治療が簡単である

デメリット
  • 健康な歯を削るため両側の歯が弱くなる
  • ブリッジを支える歯にストレスがかかり弱る
  • 歯と歯ぐきの間に食べ物が入りやすく不潔
義歯の治療法
メリット
  • 治療が簡単である

デメリット
  • 強い違和感があり、中断者が多い
  • 歯や歯ぐきが傷みやすく周りの歯の寿命が縮む
  • 見た目が悪く、精神的なダメージがある
  • 安定感がなく、咀嚼能力が低い
インプラントの治療法
メリット
  • 噛み心地や機能、見た目が天然歯とほぼ同じ
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 長期使用が可能である
  • 隣の歯を削る必要がないため、両側の歯が弱くなることがない
    (負担が軽減される隣の歯が長持ちする)

デメリット
  • 費用がかかる(保険適用外)
  • 抜歯と同程度のリスクを伴う手術が必要

インプラントの本質

インプラントは欠損している歯の代役という大事な役割はもちろんですが、隣の歯を守る予防的役割を果たします。抜歯しなくてはいけない場合、何らかの治療方法を選択し修復することが必要です。インプラントを行わない場合は、隣の歯やほかの歯の負担が増え、将来的にその歯も失ってしまうことも多いのです。

当院のインプラント治療に対する考え方

当院では、以下のようにインプラント治療を行ううえでの考え方、哲学をもっています。

インプラント治療の目的は、いかに咬めるようにするか、審美的に行うかということにとどまらず、咬めることや美しいことを通じていかに患者様の健康で快適な生活に寄与できるかだと考えています。インプラント治療後、よく噛めるからといって、暴飲暴食をして、メタボリックシンドロームに陥ってしまったのではこの目的から外れてしまいます。術前、術後から高精度体成分分析装置を用いてBMI、体脂肪率、基礎代謝量、体水分、たんぱく質、ミネラル等を術前、術後で検査を行い、当院の常勤管理栄養士からのバランスの良い食事のアドバイスを受けていただくことによって、より健康的に人生を過ごしていただきたいと考えています。

アクセス・診療スケジュール Access / Schedule

医療法人靖正会 にしさんそう歯科 ナカムラクリニック
〒 571-0057 大阪府門真市元町27-3
TEL 0120-74-5454

※土曜祝日は8:30〜14:00の診療となります。
休診日:日曜日
尚、最終受付時間は診療時間の1時間前になります。

アクセス