メタルフリー治療 METALFREE

メタルフリー治療は、
日々進歩が著しい分野の一つです

「前歯の黒ずみ」「笑うと見える歯肉の色調の暗さ」「奥歯の気になる銀色」等、相談したいけど出来ない、治せるか分からないといったお悩みではありませんか? 審美歯科であるメタルフリー治療は、「悪い部分を治す」だけではなく、悩んでいたり気になっている歯を白く輝くように美しくすることや、コンプレックスを感じることなく思いきりくったくなく笑うなど、素敵な毎日を過ごしたい。などそのような皆様の健康をつくる「美しく治す」治療でもあります。

少しコンプレックスになっている部分を改善することで、その後の人生は大きく変化するかもしれません。そんな素晴らしい人生のために歯科医院として、サポートできることがあります。歯科治療としては機能回復、しっかりと噛めることが一番ですので、美しいだけで噛めなかったり、痛みや発音しにくいといった不具合があっては、当然意味がありません)。機能性と審美性の調和を常に追及することが、歯科医療人の使命と考えます。審美歯科治療では、メタルフリーとして日々進歩し進化をとげるセラミックを用いて行います。

当院こだわりのセラミックの特徴

オールセラミックス歯は金属を使用せず、マージンという歯とセラミックの間のつなぎ目の精度が安定しています。金属を使用しないことで金属が溶け出すことによる歯肉の変色や金属アレルギーが起こる可能性が全くありません。また歯肉に金属色が透けて少し暗く見える問題もなく、審美性と健康面を追求した治療といえます。

メタルフリー治療の種類(被せ物)

プレミアムオールセラミックスクラウン

人工ダイヤモンドと同じ素材であるジルコニアをベースにし、レイヤリングテクニックでセラミックスを盛り付けて製作します。技術の粋を尽くして最高レベルの技工士が制作するフルオーダーメイドです。実際に治療された患者さんの多くがどの歯を治療したのか分からないと言われるほど精度が高くカラダにも良い治療です。


プラチナオールセラミックスクラウン

オールセラミックスにはジルコニア以外にも、ガラスセラミック(E-MAX)やプロセラと言われるものがあります。奥歯は前歯よりも強度が必要などと部位や症例によって最適といえる材料が変わります。個々の患者さんに合った治療法ををご説明いたしますので、ご納得したうえで選択して頂きたいと思います。


セラミックスクラウン

無垢のジルコニアを削りだして制作します。着色ステインなどはなく白く仕上がります。

ダイレクトボンディング

従来、歯と歯の間の小さい虫歯でも、インレー修復をすることが一般的で、小さい虫歯を治すために多くの歯質を切除し部分的な銀歯を詰めていました。(右図参照)

それにくらべてダイレクトボンディング法では、最小限の歯質切除で、強化型コンポジットレジンを口腔内で直接充填し、研磨を行うことで、より高い接着性を得ることができるようになりました。

ダイレクトボンディング治療の流れ

上写真のように、ラバーダム(緑色のゴムのシート)で防湿化を行い、接着の精度を高めて、かつマイクロ顕微鏡で約10倍での拡大視野で精密に作業を行うことによってより隙間のない、精度の高い治療を行っています。

参照/防湿化とは
お口の中は呼吸の時に出る呼気で湿っています(湿度80%以上)。サウナの壁に何かつけようと思ってもつかないと同じように、湿っていると接着がしづらいため、患部を口の中の呼気から分離し、より強固な接着ができるようにします。

インレー治療

虫歯の再発は極力避けたい

「再発しても、また治してもらえればよいです」と、時折言われます。しかしそれは、とても危険な考え方です。長年多くの患者さんを診させて頂くなかで、虫歯の再発を繰り返した先に、歯が抜け落ちてしまうという結果を多数目の当たりにしてきました。 特に、神経を抜いた歯で虫歯が再発した場合、痛みを感じることができずに進行してしまいます。ご自身で気が付いて歯科医院で診てもらった時には、歯が割れていて抜くしかない状態になってしまっていたということがあります。 

そんな恐ろしさを知っているわれわれは、治療時にはなるべく理想に近いカタチで処置をしたり、予防力が優れている治療をお勧めします。1本の歯を大切にするということは、とても大事なことなのです。

お勧めしたいインレー(詰め物)

ゴールドインレー

ゴールドインレーとは、金を85%以上含んだ「プレシャスメタル」を使った修復法です。一般的に保険の範囲内でのインレー修復は銀歯で行いますが、この銀歯は硬さのみを追求した合金であり、噛むこと(1日1800回、年間約65万回)でかかる負荷で摩耗してしまうことはほとんどありません。摩耗がないというのはよく聞こえますが、全く逆の意味なのです。歯自体は摩耗するのが自然なので、摩耗しない銀歯と並ぶと数年で段差ができてしまいます。そのような段差は虫歯が再発する原因となってしまいます。

ゴールド(金)の特長は、適度なやわらかさがあり伸びることです。ゴールドインレーを歯に接着した後、バーニッシュと呼ばれる技術で、お口の中でその辺縁を伸ばします。伸ばし密着させることができるので、よりすき間のない高精度な詰め物ができるのです。


セラミックインレー

セラミック素材を使った詰め物です。銀歯は溶かして型に流し込んで制作する鋳造という方法をとります。鋳造した金属は冷えて固まる際に収縮が起き、詰め物としての精度を落としてしまいますが、セラミックは型どったカタチ通りに削りだして制作しますので収縮が起きることなく、詰め物として削ったカタチ通りに制作できることでフィットして、すき間から進行する虫歯を限りなく防いでくれます。

安心の5年補償

当院は歯科専門の外部の補償機関から認定を受けていることで、別途費用がかからず対象部位の治療を終えてから5年間しっかりサポートすることができます。歯科医院が独自に行う補償と違い、株式会社ガイドデントという第三者の企業が提供するサービスですので、安心です。

患者さんの中には転居に伴って、当院に通い続けることができない場合もあるかと思います。そんな時でもガイドデント社の補償システムは当院と同様に認定をうけた歯科医院でサポートが受けられます。転居先をお知らせ頂くことでサポート可能な歯科医院をご紹介できますのでスタッフまでお尋ねください。詳しいパンフレットをお渡しいたします。

ガイドデントについてはこちら

ホワイトニング

にしさんそう歯科でもポリリン酸プラチナホワイトニングを
導入いたしました!

こんな方におすすめ

  • 歯を白くしたい方
  • いつまでも若々しくいたい方
  • 結婚式や面接など大事なイベントを控えている方

表面の汚れや被膜を取り除いてから行いますので、ホワイトニングの前にクリーニングを行います。

料金表


ホワイトニングトレー
(初回・再製どちらも)
1個 4,000円
(税込 4,400円)

上下顎 8,000円
(税込 8,800円)
オパールエッセンス2本(初回)
※ウルトライーズ1本付き
上顎のみ 20,000円
(税込 22,000円)

上下顎 30,000円
(税込 33,000円)
オパールエッセンス2本(追加) 10,000円
(税込 11,000円)
ウルトライーズ1本(追加)
※3回分
1本 1,000円
(税込 1,100円)
ホワイトニングトレー(修理) 2,000円
(税込 2,200円)

上下顎 4,000円
(税込 4,400円)
オフィスホワイトニング(1回につき) 5,000円
(税込 5,500円)
ホームホワイトニング トレー+薬剤2本(約2週間分)10,000円
(税込 11,000円)

薬剤1本(約1週間分)3,000円
(税込 3,300円)

トレー本体単品 4,000円
(税込 4,400円)
デュアルホワイトニング
(オフィス+ホーム)
オフィス1回+トレー+薬剤2本(約2週間分)20,000円
(税込 22,000円)
※同時契約のみ5,000円OFFになっています。

アクセス・診療スケジュール Access / Schedule

医療法人靖正会 にしさんそう歯科 ナカムラクリニック
〒 571-0057 大阪府門真市元町27-3
TEL 0120-74-5454 06-6906-5454

※土曜は8:30〜17:00の診療となります。
休診日:日曜日・祝日
尚、最終受付時間は診療時間の1時間前になります。

アクセス