マグネット義歯とは | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

マグネット義歯とは

2017年8月2日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。

 ネジやバネの代わりに、磁石を使って義歯を固定するのがマグネット義歯の特徴です。
マグネット義歯は全ての歯医者で取り扱いがあるわけではなく、門真市や守口市の歯科医院でも限られるかもしれません。扱いがあるかは歯科医師に相談してみてください。

 マグネット義歯では、義歯と口腔内の両方に磁石を埋め込んで、磁石同士がくっつく特性を利用して歯を固定します。磁石によって、義歯は複雑な行程を必要とせずに、従来よりもスムーズに装着ができます。周囲の歯にバネをかけたりとしないので、残っている歯に負担をかけにくく、歯を残しやすい所にメリットがあると言われます。

 門真市や守口市の一部の歯医者ではマグネット義歯を強く勧めていることろもあると思います。
飛び出す金具がない分、義歯の見た目は至ってシンプルで、ブラシでの手入れも手軽に行えます。口の中にあっても、バネのように存在を主張しないその構造は、義歯を使用していることを周りの人間にはあまり知られたくないという人の味方となるでしょう。
磁石だけに義歯としての装着力も非常に高いので、通常の義歯では歯が浮いている感じがして気になってしまうという悩みも、効果的に解決してくれます。

いすれにしても、義歯(入れ歯)としては固定力を求められるものです。固定されないと、食事に集中できないでしょうし、気が散ってしまいます。
自分の歯であれば、固定されているのが当たり前ですので、欠損があったり、入れ歯をしなければいけない状態で、どんな治療を選択していくべきなのか。かかりつけの歯医者で、しっかりと相談をしていくべきだと思います。
当院に通って頂いている皆さまも、お気軽にお尋ねください。

更新日: 2017-08-02