レジンクラウンとハイブリッドクラウンの違い | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

レジンクラウンとハイブリッドクラウンの違い

2017年7月28日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。

レジンクラウンとハイブリッドクラウン、名前は似ていますがその違いをご存知でしょうか?これは使っている素材の違いです。
レジンクラウンはレジン(硬質プラスチック)、ハイブリッドクラウン(正式名称:ハイブリッドセラミッククラウン)はレジンとセラミックを配合した素材を使って作製されます。患者さまからは、どちらの材料も白く出来上がるため、保険の銀歯よりも好まれます。
今回はレジンクラウンのメリットを紹介しますが、それは健康保険を適用することができる点が一番のメリットだと思います。
保険適用ですから治療費を比較的抑えることができます。
しかし、レジンクラウンは材料のレジンがプラスチックであるために長期間経過すると変色したり、すり減ってしまいます。そして、レジンクラウンはプラスチックですので、強度があまりありません。強い衝撃や強い食いしばりがあると割れたり、欠けたりすることも多いのが実態です。
最初は皆さん、変色や欠けたりした場合には改めて治療し直してもらえばよい。と考えがちです。ですが、そんな場面になってから、しっかりと来院し治す方はとても少ないと感じます。多くの方がついつい放置したり、変色は徐々に進むために色合いに慣れてしまったりということが実態でしょう。色合いに関してはご本人が良ければ無理に治す必要はないかもしれませんが、欠けてしまうことは放置してはいけません。一部の欠けが原因で噛み合せが悪くなり、無意識のうちに片方に偏った食べ方になったりすることで、カラダ全体に影響が出てしまう可能性があります。
門真市、守口市の皆さまに対して当院は、皆さまの普段の生活やお仕事状況など、しっかり伺ったうえで、将来的にも適切な選択をして頂けるよう、相談しながら一緒に決めていきたいと思います。
しんさんそう歯科では患者様のご希望をきちんとお伺いして治療を進めさせていただきますので、是非治療の際はご相談ください。


お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-07-28