歯の土台をファイバーコアにするメリット | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

歯の土台をファイバーコアにするメリット

2017年7月25日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。

門真市、そして守口市に住む皆様の中には、多くにしさんそう歯科に通って頂いております。
虫歯を治療の患者さまの中には、虫歯が深くて神経除去を行わざるをえない患者さまもいます。
このような場合、歯に大きな空洞ができてしまうので、金属や丈夫な素材の芯を差し込み、その上に人口の歯を取り付けための土台を作ります。被せ物だけではなく、芯になる素材からも保険と自費の違いがありますが、当院では自費のグラスファイバーと強化プラスチックで作られた芯をファイバーコアをお勧めしています。
門真市や守口市に住む人の中にはこの芯の使用を希望する人も大勢います。

一般的に歯医者では保険治療の制限から金属の芯が使用されます。
保険適用の材料なので経済的にはメリットがあるかもしれませんが、硬すぎることで自分の歯の部分を割ってしまったりとリスクも大きいのが実態です。
前歯だけではなく、奥歯であっても前後左右からの力が加わるものなので、歯が芯によって割れる可能性はあります。
その反面、ファイバーコアは適度なしなりがありますので、とても些細な力が加わっても、自分の歯に直接的な力を加えてしまうことはありません。

また、金属ではないメタルフリー素材のために、溶け出して歯ぐきを変色させたり、金属アレルギーを発症させる心配もありません。
このように強度や耐性、そしてカラダに優しいという両面で、ファイバーコアには大きなメリットがあります。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-07-25