差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか? | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか?

2017年7月24日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。

メタルタトゥーとも呼ばれる、金属の被せ物による歯ぐきの変色をご存知でしょうか?
門真市や守口市にお住まいの皆様にも気になっている方、いらっしゃるのではないでしょうか。
その際、金属の被せ物を取り外し交換することをおすすめします。
メタルタトゥーと呼ばれる着色・変色の直接的な原因は被せ物などの金属が溶け出して浸み込むためです。
長年、金属をそのまま放置してしまうと、唾液などの成分で溶け歯ぐきが変色してしまいます。
そのために、治してもまた症状が再発する状態にあると言えるのです。

過去には強度の兼ね合いとメタルタトゥーやアレルギーといった副作用が明確になっていなかった理由から、金属を使用してきました。
ですが、セラミックなどのメタルふりー材料の進化により、今は安全で大きなメリットがあるセラミックをお勧めできます。
歯ぐきに浸み込んだ金属片によって変色してしまっている場合には、被せ物だけではなく金属片も取り除かなければなりません。
また歯ぐきに色が完全に染みついている場合には、その部分をレーザーで焼き切るという治療を行うこともあります。
メタルタトゥーの切除のため、歯医者がどんな処置を行うかは、歯科の治療方針によって異なります。門真市や守口市の皆様にも、それぞれの方法で治療を行っています。
理想の結果を得るためにはカウンセリングにて、どの状態を治療の完了とするかを、しっかりと話し合って決めておくことが大事ですので、お気軽に尋ねて頂ければと思います。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-07-24