根管根充とはどのような状態のことをいうのか | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

根管根充とはどのような状態のことをいうのか

2017年7月24日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。

門真市や守口市にお住まいの方々で、にしさんそう歯科を訪れる方はたくさんいらっしゃいます。
その多くがむし歯の治療です。むし歯はさほど進行していなければ、虫歯部分を削って詰め物をすれば治療は終わります。
しかし深く進行してしまっている場合、歯医者は歯を深くまで削らなければいけませんが、神経まで達していると、神経自体を除去しなければなりません。
神経までは達していなくても、ギリギリまで削ってしまうことで、神経に被せ物が触れてしまったり、飲食物が触れてしまって激痛が走ることもあります。そのために、ある一定以上の虫歯の進行が認められたら、抜髄といって神経を取り除くのです。

門真市や守口市の皆様の中にも、神経除去後に根管根充という処置について説明させて頂いた人がいると思います。
これは簡単に述べるなら、神経を除去した部分を詰め、神経を除去した部分に空洞ができないようにします。
当然のことながらこのような空洞をそのままにしておくと強度が弱くなります。そこで施される処置が根管根充というわけです。
特に歯の根にできてしまった空洞はしっかりと塞がなければなりません。
なぜなら歯の根が弱ってしまうと歯茎の中で根が折れてしまうからです。
門真市や守口市からにしさんそう歯科に訪れた患者さんの中には、歯の根のケアがいかに重要であるかの説明を受けたことのある人がおられるはずです。
歯医者はこの点をしっかりと理解しており、そのため根管根充によって根を補強するのです。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-07-24