矯正装置の取り付け方法について | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

矯正装置の取り付け方法について

2017年6月7日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。


 守口市・門真市の皆様にとってアクセスの良い、にしさんそう歯科の矯正治療は
1本の歯に1個の装置を特殊な接着剤で付けていくという矯正装置の取り付け方法を採用しております。
歯に強制装置を取り付ける前に、歯根をエックス線写真で撮り、歯の根部分の向きをチェックし、虫歯があれば、治療してから装置を取り付けることになります。

 虫歯がなければ、エックス線写真を撮った後にセットアップ模型で治療前の歯並びを取ってチェック。これで、より適切な矯正を行うことが出来るのです。
 守口市・門真市の歯医者、にしさんそう歯科で行っている矯正歯科では、矯正装置を取り付ける位置を医師はシミュレーションし、歯の汚れをペーストでキレイに洗い、歯石も取り除いては歯を乾かします。
そして、矯正装置を取り付ける時に、リップリトラクターを塗り、頬や唇が付いて濡れないようにします。更に、歯に薬剤を塗り、軟組織にダメージを与えないようにします。

 それから器具を装着し、エッチングを歯の表面に塗り、リン酸を塗っていきます。これが、エナメル質の表面を粗くしては、装着力を高めます。
エッチングが完了したら洗浄し、乾かしてから接着剤を塗り、矯正装置を取り付けます。
 
 守口市・門真市の皆様が通うにしさんそう歯科では、このような矯正歯科の装置を取り付ける際に、より工夫した取り付ける前の洗浄から撮影などを行っています。

 矯正の質問にしっかり答えますから、納得いく治療を受けられると評判です。
実績も経験も豊富ですから、より質の良い矯正歯科が出来ます。
 
 守口市・門真市の皆様が通う歯医者、にしさんそう歯科でも、シミュレーションとエックス線撮影を取り入れ、より納得のいく治療を目指しています。

お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-06-07