出っ歯の原因は | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

出っ歯の原因は

2017年5月30日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。


門真市・守口市エリアの多くの歯医者では歯の矯正治療が行われています。
いわゆる出っ歯の人はこの矯正治療にてその悩みを解消することが可能です。
出っ歯とは下列にある前歯より、上列にある前歯のほうが出ている状態のことを言います。
多少の出っ歯なら大きな悩みにならないことが多いです。
しかし大きく前に出ている場合は悩みが大きくなることがありました。
出っ歯には先天的なもの、後天的なものと主に2種類あります。
先天的な出っ歯の原因はあごの骨にあります。
上あごの骨が大きすぎるため前歯が出ているケース、下あごの骨が小さすぎるため下あごが奥にあり前歯が出ているように見えるケースとあります。
その他にもあごより大きい前歯が生えてくると出っ歯になることがあります。
後天的な出っ歯の原因には生活習慣やクセにあります。
小さな子どもの頃に指しゃぶり、爪を噛むと言ったクセで出っ歯になることがあるのです。
舌で前歯を押すクセにより前歯が出てしまうと言うケースもあります。
心当りがある親御さんは小さな子どものうちにクセを正したほうが良いです。
このように出っ歯には様々な原因があり、その原因によって適切な治療が異なります。

門真市・守口市で通いやすい歯医者では一人ひとりの原因に合った矯正治療の提案を行っています。
従来の矯正装置では金属のワイヤーが光って目立つことがありますが、目立たない矯正装置を用意しているために大人になってからの歯の矯正治療にも魅力が大きいです。
出っ歯が気になると言う方は門真市、守口市の歯医者、西三荘歯科クリニックへ一度相談してみて下さい。


お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-05-30