矯正と虫歯の関係 | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

矯正と虫歯の関係

2017年5月24日
おはようございます!院長の中村信一郎です。

 歯列矯正で歯並びを治すことは、見た目だけではなく虫歯になりにくい口の環境を作ることにも繋がります。

 
 大阪府の守口市、門真市の方々が通う歯医者のにしさんそう歯科では、虫歯の予防を徹底して行っています。
歯医者に行くのは「虫歯になってから」という方も多いのではないでしょうか。しかし「虫歯になる前に」予防として通うことで、キレイな歯を維持できるのです。

 守口市や門真市に住んでいる方の中には、歯並びが気になっていていずれ矯正したいと考えている方もいるかと思います。かみ合わせが悪いとハミガキでもうまく磨くことができずに、虫歯になりやすくなってしまいます。早いうちから、できれば15歳までには歯医者で歯列矯正を行うことをオススメします。

 大人になっても歯並びが悪いままだといずれ虫歯の原因となり、歯医者に行っても手遅れだった、ということにもなりかねません。年をとって入れ歯でご飯を食べるよりも、自分の歯でしっかり食べられたら嬉しいですよね。今のうちに予防することが何よりも重要となってくるのです。予防に特化した歯医者を探して定期的に通える歯医者を探す必要が出てきますが、あまり大々的に予防を掲げているところが少ないのが現状です。

 守口市や門真市近辺に住んでいる方は、にしさんそう歯科の予防歯科を受けてみてはいかがでしょうか。虫歯の予防のための細かで丁寧な診察を受けることで、大切な自分の歯を守って長く自分自身の歯で美味しい食事を食べられるようにしていきましょう。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-05-24