栄養士ブログ|バランスの取れたお食事について

2017年9月30日
こんにちは。管理栄養士の土井です。
朝夕はめっきり涼しくなり過ごしやすくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今日はバランスの取れたお食事についてお話致します!
健康診断などで引っかかると、バランスの良い食事を心がけてくださいと言われることが多いかと思います。では、バランスの良い食事とはいったいどういうものでしょうか?

2013年12月に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されましたね。その理由の一つに「栄養バランスに優れた健康的な食生活」というものがあります。日本人の伝統的な食文化である和食は米、味噌汁と魚や野菜・山菜といったおかずによりバランスがよく構成されています。
健康的な食生活を送るために役立つ食材の頭文字を覚えやすくしたフレーズで「まごわやさしい」というものがあります。これを意識すれば和食=栄養バランスに優れた食生活を送ることが出来ます。


☆ま→豆=豆類である豆腐や納豆など大豆製品
20%以上のタンパク質を含有し、タンパク質供給源として重要です。また、ビタミンB群は比較的多く、ミネラルではリンやカリウムが多く含まれています。

☆ご→ごま=ごまやアーモンド、くるみなどの種実類
ごまにはたんぱく質、脂質、ミネラルが多く抗酸化作用のあるビタミンEが多く含まれています。

☆わ→わかめ=わかめやひじき、海苔などの海藻
海藻類には食物繊維が多く、整腸作用が期待できます。またヨウ素が多く、鉄、カルシウムなどのミネラルも豊富です。

☆や→野菜
水分が多く、低カロリーですが、ビタミンB₁、B₂、C、葉酸、緑黄色野菜にはβカロテン、ミネラルではカリウム、カルシウム、鉄、また、繊維源として非常に重要です。野菜は1日350g(緑黄色野菜350g、淡色野菜230g)摂取するのが目安です。

☆さ→魚
青魚に多いDHA、EPAは血中のコレステロールを減らし血液をサラサラにします。小魚は骨ごと食べることが多いので良好なカルシウム源ともなります。

☆し→しいたけ=しいたけやしめじ、舞茸などのきのこ類
干し椎茸はカルシウムの骨や歯への定着を助けるビタミンDが多く含まれています。食物繊維が多く、カロリーも低いためたくさん食べても安心です。

☆い→いも
炭水化物やビタミンC、カリウムが多く、食物繊維も多いため腸内環境を整えてくれます。

この「まごわやさしい」を意識し、たくさんの種類の食品を食べ、バランスの良いお食事を心がけましょう。


当院では患者様のライフスタイルに合わせた個別栄養指導を行っております。
「え?歯科で栄養指導?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、お口は食事のスタート地点です。歯を健康に保ちつつ、その歯で何を食べるのかということはとても重要です。興味がある方がぜひスタッフまでお声掛けください。


お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております。

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-09-30