閉じる

インプラントは残っている歯にどのような影響を及ぼすのか?

にしさんそう歯科 門真市・守口市の無痛治療の歯医者 | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

インプラントは残っている歯にどのような影響を及ぼすのか?

2017年8月25日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。

歯の治療を行う際、残っている自分の歯に対する影響をお考えになる方も多いと思います。
歯科医院の立場としても、一番はご自分の歯を大切にしてほしいと思っていますので、抜けてしまった欠損歯に対する治療に関しては特に、残存歯への影響をご説明するよう心掛けています。
やはり、残った歯に極力悪い影響を与えないことを考えると、元々あった自分の歯に近づけることを考えます。
これにより、方法論だけで考えると、部分入れ歯を入れて、残っている歯を支えにするよりはインプラントを埋め込んで人口歯であっても自立するように治療計画を立てることになります。
入れ歯のように支えにして引っかける金属のないことで、自分の歯と同じ見栄え、そして噛む力を得られることはインプラントの大きなメリットです。
残った歯への影響を考えると、インプラント治療の噛む力も大切なことです。
自然に噛めなくなることで顎への刺激がへると、骨がどんどん弱ってきてしまいます。弱っていった骨にある自分の歯への影響も間接的ではありますが出てくることになります。
やはり、欠損歯を放っておくことは大変悪いことであり、欠損に対する治療としてはインプラント治療がベストな治療法と言えます。
そんなインプラント治療も条件が整わなければできないと思います。
骨などの治療計画的な条件もそうですし、経済的な治療費という観点での条件もそうです。
歯科医院としては、皆さまにベストな治療をご提供していきたいと常に思いますが、同時に常に患者様の状況やお考えを尊重した計画を立てていきたいと思います。


お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-08-25