正しい歯の磨き方

2017年8月22日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。

一生懸命歯を磨いているのに虫歯ができる、そんな悩みを抱えているかたは多いものです。
門真市、守口市のかたの中にも、虫歯ができにくい正しい歯の磨きかたを知りたいという方も多いのではないでしょうか。
一度発生してしまうと削るしか治療方法のない虫歯ですから、歯を綺麗に保つ方法を身につけて自分の歯を長持ちさせていきたいものです。
当院も門真市、守口市の皆さまに向けて歯磨き指導を行っています。

まず、歯磨きは歯ブラシを当てる角度が重要です。毎日の習慣になっていると同じような角度で同じような磨きかたしかできなくなってしまっているかたが多く、そうなると磨き残しが発生しやすくなります。
基本は歯ブラシを直角に当てることが大切ですが、歯に対して横、縦、斜めといろいろな角度で歯ブラシを動かして歯垢を残さないようにしてください。
また、1回の歯磨きは15分を目安に行います。長くても5分程度で終わらせてしまっているケースがほとんどですが、それでは歯垢が落しきれないのです。
歯のことを知り尽くしている門真市や守口市の歯医者も最低15分はじっくりと歯磨きをし、虫歯のできにくい口腔環境を作る努力をしています。
テレビを観ながら、音楽を聴きながら長めの歯磨きを心掛けましょう。
1日に2回から3回、唾液が口腔内の酸を中和した食後30分ほど経過した後に磨くのが目安です。
毎日習慣づけて歯の健康を保つようにしてください。


お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-08-22