歯が抜けた時の対処法

2017年8月21日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。

ごく稀に、突然歯が抜けてしまったということで来院される患者さまがいます。
ご来院さえ頂ければ直ぐに適切な処置をさせて頂けますし、放置することで残っている歯や既に治療した歯へ悪い影響を及ぼすことを避けられるます。
ですが、その反面、痛みがないことから放置されてしまう方もいらっしゃいます。
これは大変危険ですので、もし歯が抜けてしばらく経過してしまっている方であっても、なるべく早くご来院ください。

歯はなにも問題がなく抜けるようなことはありません。
かならず抜けた原因があります。そして、抜けた歯の隣や接する上下の歯にも影響します。
歯が抜けてしまう直接的な原因は、スポーツや事故で強い衝撃を受けた場合か歯周病が進行している場合かの、どちらかである可能性が高いです。前者であれば、抜けた歯の機能補完と共に、抜けていない他の歯は正常か検査をしていく必要があります。他の歯も抜けてないだけで折れてしまっている場合などあれば、適切な処置をしないと後から大きな痛みが出てしまうこともあります。
後者の歯周病の場合は、悪化し部位が拡がることで連続して歯が抜けてしまう可能性があります。
1本の歯が抜けたことを皮切りに、複数本の歯が抜けてしまっては、確実に従来通りの食事や生活はできないと思います。
また、抜けた歯に近い血液から歯周病の原因菌が全身に回ってしまうことも大変怖いことです。

多くの方は、痛みの有無で緊急度を判断されがちです。
しかし、歯が抜けること自体が異常であり、正常ではない時点で、歯科医院を受診して頂くことが2次的な影響を最小限に防げるといえます。


お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-08-21