インプラント治療と義歯の違い

2017年8月17日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。

歯科の治療技術や材料は日々進化しています。その中でも近年、最先端の進化をしているのはインプラント治療の分野だと言えます。
元々は失った歯の治療として義歯(入れ歯)が改良され続けて進化してきました。
歯のカタチや機能を戻し向上させる目的で、自分の歯や顎に取り付けるような考え方でした。
それゆえに、色合いなどの再現性から、薄さや温冷の感覚再現まで素材や整形の進化によりとても良い物を使えるようになったといえます。
しかし、インプラントというのはまた違ったアプローチから治療する考え方といえます。
義歯が装着する歯なら、インプラントは埋め込む歯なのです。歯の形を再現する義歯に対して、天然歯を根本からトレースしたインプラントは、義歯以上に自分の歯に近いのです。
人間が元々持っていた歯に近いこと自体がインプラント治療の最大の特徴でありメリットです。
手術の有無などの観点からは義歯(入れ歯)は気軽に使えるといえますが、ちょっとした衝撃での脱着や固定部分のへたりなどの考慮をしなくてよいという面で言えば、インプラントのメリットも大きいです。
現代では虫歯になる方はどんどん減っていますが、その反面、歯周病などが原因で歯を失ってしまう方は増えていると言えます。
それに、歯周病は日々のメンテナンスや生活習慣に起因することから、働き盛りの世代にも増えており、比較的若い方が歯を失うという事例も一定数あります。
そのような、お仕事も趣味のスポーツも盛んに取り組むような世代には、天然歯に限りなく近い治療ができるインプラントを計画的に考えていくのがよいといえます。
にしさんそう歯科でも、門真市、守口市の皆さまに対して治療提案をする際、患者さまの年齢や生活習慣も考慮してお話していきます。比較的お若い方ならなおさら、骨や歯ぐきが丈夫なうちからのインプラント治療を勧めていくことが多いかもしれませんので、不安なことなどは何でも聞いてください。


お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-08-17