閉じる

テレスコープデンチャーとは

にしさんそう歯科 門真市・守口市の無痛治療の歯医者 | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

テレスコープデンチャーとは

2017年8月2日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。


 昔から、テレスコープデンチャーという入れ歯がありますが、門真市・守口市の皆さまは知っていますでしょうか。

主に部分入れ歯ではなく、総入れ歯に使われるもので、入れ歯と顎を固定する部分に特徴があります。

テレスコープデンチャーとは、残っている自分の歯に被せるようにしてすっぽりと覆って雄となる凸冠を付け、入れ歯部分には雌となる凹冠を付けます。

顎側の凸と入れ歯側の凹がピッタリはまり、真空状態に近くなることで、固定力を持たせます。

ちょうど、茶筒の本体とフタの要領です。

固定力が強いですが、自主的に外したい時には簡単に外せることで、食事にも、洗浄にも気を使わずに行えることが最大のメリットです。

冠を付ける部分がどこなのか、しっかりと診させてもらわないと、全ての患者様に適用できるわけではありませんが、お勧めの入れ歯ではあります。

欠損がある状態で長く放置することは、他の残っている歯に多大な影響を及ぼしてしまいますので、テレスコープデンチャーやインプラントなど、いずれかの方法で治療をすることをお勧めします。お気軽にご相談ください。

更新日: 2017-08-02