閉じる

ノンクラスプデンチャーとは

にしさんそう歯科 門真市・守口市の無痛治療の歯医者 | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

ノンクラスプデンチャーとは

2017年8月1日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。

門真市・守口市にお住まいの方で、入れ歯の金属が気になるという方はいらっしゃいませんか。

にしさんそう歯科では部分入れ歯による治療にて、金属を使用しないノンクラスプデンチャーというものを提案することがあります。

部分入れ歯は虫歯などで抜けてしまった歯の代わりに使用することが多いのですが、一般的な部分入れ歯には金属のバネが付いています。
この金属のバネを残りの歯にかけて部分入れ歯を固定させています。

しかし金属のバネが見えてしまうことで、笑った際などに入れ歯を使用していることが他人に知れてしまうことが多いです。

だからこそ、門真市・守口市の歯医者、にしさんそう歯科では見た目が気になる方にノンクラスプデンチャーの提案を行っています。
ノンクラスプデンチャーは金属のバネが無い部分入れ歯ですので、歯や歯茎の色に近く、口を開けても部分入れ歯だとは分かり難いことがメリットです。

笑顔を見せるのに抵抗が無くなることから、スマイルデンチャーとも呼ばれることもあります。
素材に柔軟性と強度があるために薄く作ることが可能、入れたときの違和感が少ないです。

ただしノンクラスプデンチャーにもデメリットがあります。
プラスチックのために使用しているうちにすり減ってきて、緩くなる可能性があると言う点です。

門真市・守口市の歯医者、にしさんそう歯科では治療費が高くなる保険外診療を無理に勧めることはありません。
患者さんが受けたい治療を選ぶことが可能です。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-08-01