閉じる

金属床義歯とは

にしさんそう歯科 門真市・守口市の無痛治療の歯医者 | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

金属床義歯とは

2017年8月1日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。

門真市や守口市の皆様は、金属床の義歯というものをご存知でしょうか。

字通り金属の床を土台にした義歯のことです。この場合の義歯が指しているのは入れ歯なので、装着部分が金属でできている入れ歯ということです。

欠損のある患者様の治療に金属床義歯を使用するのは、金属の汎用性が高いからです。
適度な弾力性と強度を持つ金属は、薄く軽く義歯床を作ることが可能で、金属の義歯床によって入れ歯の快適性はレジンだけのものと比べて格段に上がります。
装着しやすく、違和感を感じさせにくい金属床義歯は、自然な歯に似た感触で食事の楽しみを取り戻してくれます。

ただ顎の骨がやせてきて合わなくなる、金属が取れやすくなるといったデメリットも存在するので、歯科医院としては定期的な通院をお勧めします。
そうして歯科で時折メンテナンスを行ってもらうことが、金属床義歯を長持ちさせるコツとなります。
金属床義歯は、保険適用で制作する義歯と比べるとやはり高価でではあります。そうして作る義歯を、簡単に壊してしまうのはもったいないことですから、ご本人が十分に気を付けて使用するという意思を持つことも大事です。
義歯の金属の部分は、必ず口内に触れることとなります。ですので、金属アレルギーを既にもっていたり、ご心配な方は先ずは医師開始にご相談頂くことをお勧めいたします。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-08-01