クラウンとインレーの違い

2017年7月31日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。

門真市や守口市にお住いの皆様も虫歯で歯が痛くなった場合には、お近くの歯医者さんを予約して治療を受けることと思います。
歯が痛くなった場合、既に虫歯が進行している状態と言えますから、それ以上酷くならないように早目に治療することが理想です。虫歯は進行すればするほど、歯を削る部分が多くなり治療内容も大掛かりになります。
そうなると通院回数もかかる費用も多くなってしまいます。少しでも痛みを感じたら、すぐに予約し先ずは歯科医院で診てもらって頂きたいと思います。
一般的に虫歯で歯を削った場合、その削った部分を補うためにインレーやクラウンと言った補綴物を入れることになります。
インレーとは、虫歯の状態が比較的軽い場合に使用する補綴物です。
歯の一部分のみを削るだけで済んだ場合、その削った部分を補うように詰めるものをインレーと呼びます。一方、クラウンとは、虫歯がとても進んだ状態で使用する補綴物です。
虫歯の部分が多い場合はたくさん削らなければなりません。
また歯の神経まで虫歯が進行している場合は、神経を抜いて内部を治療する必要もあります、このように歯の大部分を削らざるをえない場合、歯全体を覆って元々のカタチを再現するような被せ物しますが、これをクラウンと呼びます。

インレーやクラウンは、保険が効く金属のものの他、保険が効かない歯と同じ白い色をしたセラミック素材のものもあります。
にしさんそう歯科では高い精度のセラミック治療を提供していますので、痛みを感じてしまう虫歯になってしまった場合は、早めに予約してほしいと思います。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-07-31