全部が銀色の被せ物であるFMCの特徴

2017年7月27日
こんにちは!
院長の中村信一郎です。

歯の根の中には神経や血管が通っていることをご存知でしょうか。
この神経と血管は歯髄と呼ばれており、この歯髄が通っている管を根管と言います。
虫歯が進行して神経まで達っしてしまいますと、強い痛みが出るようになり、根管内の神経を取り除く必要が出てきます。
門真市、守口市の他の歯科医院と同様に、当院でも神経を取り除いた後に根管内を消毒して、細菌が入り込まないように薬剤を詰める治療を行います。この治療が根幹治療です。
薬剤を詰めた後は、被せ物を取り付けることなどの処置を行って、歯の機能を取り戻すことができます。根幹治療は、根管内の痛みや炎症などを抑えるだけではなく、歯の寿命に大きく影響する治療でもあるのです。
虫歯だけではなく、歯に衝撃を受け亀裂や外傷ができたことにより、根管内の神経や血管が炎症や感染を起こした場合にも根管治療が必要となります。炎症や感染を放置しておくと、歯肉が腫れたり、歯の根の周囲にも炎症が広がったりします。
リンパ節が腫れたり、発熱したりする場合もあります。しっかりとした根管治療を行うことで、このような症状を軽減したり、予防したりすることができます。
根管治療にかかる期間は、炎症の状態によって変わってきます。
また、根管の形は人によってそれぞれ異なり、まっすぐ伸びていて簡単に治療ができる形状の人もいれば、複雑な形をしていて治療が難しい人もいます。
門真市、守口市の当院 にしさんそう歯科では、最低でも治療に2週間程度かかるとご説明していますが、症状によっては2、3ヶ月かかることも稀にあります。

お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-07-27