歯列矯正で大変なこととは

2017年6月2日
おはようございます!
院長の中村信一郎です。


門真市・守口市の人々が通うにしさんそう歯科では、歯科矯正の分野でも多くの人が利用しています。
門真市・守口市の人々は歯列矯正を行うためににしさんそう歯科に訪れますが、歯列矯正を行う場合に大切な事として、子供と大人の歯の歯列矯正は異なるという事が言えますが、しっかりと分野分けをしているので、安心して利用する事が出来ます。
子供の場合は、かみ合わせの不全が将来の口の健康だけではなく、全身の健康を損なう原因になるという考えから、乳幼児期からのかみ合わせ育成に力を入れています。具体的には、顔面表情筋の訓練とともに、小学校低学年から治療できる床矯正治療で歯列矯正を行っています。

歯列矯正を行う理由は人によって異なりますが、笑顔に自信がもてない、歯みがきしにくい箇所がある、歯ブラシするとたまに血が出る、かみ合わせが悪くよく噛めていない気がするなど一人一人に合わせた歯列矯正の治療を考えてくれるので、通常であれば歯列矯正は、一人一人違う事もあるので、大変な事と言えますが、門真市・守口市の人々が通うにしさんそう歯科では、一人一人に合わせたプランを提案してくれるので、しっかりとしたカウンセリングなども定評があります。
歯は生活していく上でとても大事な部分になるので、安心して治療をしてもらえる安心感もあります。歯列矯正の装置の性能も現在のほうが格段に良くなっていることから、診断の精度が上がり、比較的短期間で治療を行うことも可能になっています。



お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-06-02