閉じる

銀歯とセラミックの違い

にしさんそう歯科 門真市・守口市の無痛治療の歯医者 | 門真市・守口市のにしさんそう歯科

銀歯とセラミックの違い

2017年5月22日
こんにちは!
院長の中村です。

虫歯などで歯を大きく削ってしまった場合、歯医者ではその穴に詰め物をしてくれます。
その詰め物は銀歯、もしくはセラミックが一般的です。門真市、守口市の歯医者でも詰め物はそのどちらかという場合が多いです。ではその銀歯とセラミックの違いは何かというと、当たり前ですが一つは素材の違い、もう一つは治療費がだいぶ違います。
素材の違いの方ですが、こちらは見た目に大きく差があります。銀歯は銀ですので非常に目立ちます。
セラミックの方は自然な歯に近い白ですのであまり目立ちません。
強度の差も大きく、銀歯の方は非常に硬く、セラミックの方は適度に柔らかいです。ですので、セラミックの方が違和感が少ないです。
治療費の差ですが、銀歯の方が圧倒的に安いです。
これは銀歯は保険が適用されるからです。門真市、守口市に限らず、全国的に銀歯には保険が適用されます。一方セラミックの方は保険が適用されませんので、非常に治療費が高額になります。こちらも門真市、守口市に限らず全国的にそうです。
どちらを選ぶと良いかは何を重視するかによります。
出来るだけ治療費を安くという事ですと銀歯の方になります。セラミックの十分の一の治療費なんて場合も珍しくはありません。見た目重視の場合はその逆でセラミックがオススメです。自然の歯に近い色ですので、余程近くで見ない限りはまず他人が気が付くという事はありません。
セラミックの方は歯医者によって大きく治療費が違いますので、もしセラミックの方を希望するのでしたら予め治療費がどのくらいになるのかを問い合わせてから治療を始めるようにして下さい。
そうする事で後々のトラブルを防げます。どんな人でも矯正できるのか
門真市、そして守口市に住んでおられる人の中には、にしさんそう歯科で歯科矯正治療を受けることを考慮しておられる人がいます。
しかし歯医者での歯科矯正治療は誰にでも行える施術ではありません。そのため自分の歯や歯茎の状態が、歯科矯正治療に適しているかどうかをまずは知るようにしければなりません。まず重要なのは歯の根の状態です。
歯科矯正治療というのは少しずつ歯を移動させ、正しい位置に配置することです。そのため歯の根がしっかりしていないと移動先で固定されにくくなるために、歯科矯正治療が施せないことがあります。
恐らく門真市や守口市に住んでおられる人の中にも、歯医者に行ったときに歯周病であることが判明したという経験をしたことのある人は少なくないはずです。
歯周病は歯の根に大きな影響を及ぼします。そのため歯科矯正治療を受ける前に、歯周病がある人はまずはその治療に専念するべきです。
また門真市や守口市に住んでおられる高齢者の中にも、歯医者での歯科矯正治療を希望なさる人がいます。
歯は歯茎によって支えられていますが、高齢者の歯茎は弱っていたり、移動した歯をしっかり支えるほどの強さを有していないことがあります。そのためそうした状況にある人に対しても、歯科矯正治療が施されません。また歯茎が弱っていると歯の移動に伴って大きな痛みが生じることもあります。
こうしたことを考慮しても、高齢者の歯科矯正治療は難しいことが理解できます。




お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-05-22