ドクターブログ|悪くなった歯は決して元通りにはならない

2017年2月21日
こんにちは !

にしさんそう歯科 歯科医師の山田健太郎です。
まだまだ寒い時期が続きますね。

突然ですが…

今回のテーマは

「悪くなった歯は決して元通りにはならない」

ということについてお伝えします。

もちろん虫歯は削り取れます。
そして できた穴を銀歯や白い詰め物で
「埋める」 こと はできます。

患者さんと日々お話するなかで、
多くの方がここを誤解している!
と感じます。


今回はその一部をご説明します。

虫歯ができます。


ここで歯医者に来て治療すればどうなるでしょうか?


こうなるでしょうか?

残念ながらなりません。

正解はこうなります
↓↓↓↓↓



虫歯をとって、そこに銀歯が入った状態です。
もちろん虫歯は取り除けて、ぽっかり空いた穴も埋まり、食事もできるようになります。
ですが、決して治ったわけではなく、確実に歯の崩壊の道をたどっています。

なぜでしょうか?

それは歯と銀歯は「別もの」だからです。
必ず別のもの同士には境目があります。
その境目をバクテリアや細菌は見逃しません。
側面にできた境目はなかなかきれいに掃除はできませんし、細菌の侵入はいずれ起こってしまいます。
なので数年後かなりの確率で2回目の虫歯が発生します。

これがせっかく治した歯がまた虫歯ができた、再発したという状態です。
ご経験ありませんか?

つまり一度虫歯ができたら最後、次の虫歯ができないようにコントロールするのは非常に難しいということです。

いかがでしょうか。虫歯ができたら治療すればいいということがどれだけ間違ったことかお分かりいただけましたか?
歯を守る一番の秘訣は、一度も虫歯になっていない歯を、一生虫歯を作らせないことなのです。

じゃあどうしたらいいでしょうか?
必要なことは「正しい知識」「日々の確実な歯磨き」です。

●確実な歯磨きができているでしょうか?
●歯磨きの回数は足りているでしょうか?
●食事の頻度と内容と時間で虫歯ができる原理をご存知でしょうか?
●虫歯を作る菌には初めに虫歯を作る菌と、さらにそれを進行させる菌がいるのはご存知でしょうか?
●その大きく2種類の菌には個人差がありますが、ご自身のそれぞれの菌の多さはご存知でしょうか?

にしさんそう歯科では虫歯ができる原理、細菌の数の検査、どうすれば虫歯を減らすことができるかをお一人ずつにお伝えできます。
初めてお越しの方には全員お話しております。
メンテナンスや古くからお越しの方で、ご希望の方は細菌検査についてどのスタッフでも構いませんのでお尋ねください。

それでは失礼します。歯科医師の山田健大郎でした。

お電話にてご質問・定期メンテナンスのご予約も受付しております

門真市 守口市 にしさんそう歯科
0120-74-5454

更新日: 2017-02-21